MENU

借金で任意整理をした体験談

借金で任意整理をした体験談を書きます。私は20代の頃、クレジットカードを4枚ほど持っていました。キャッシング枠もつけていましたが、基本的には使うことがありませんでした。ところが、正社員から派遣に転職をしたことをきっかけとして借金をするようになりました。

 

すぐにまた正社員になって安定した収入を得られると甘い考えを持っていたことが原因だったと思います。借金はいつのまにか100万円を超えていました。さらに、ショッピング枠もリボ払いにしていたため、それも含めると200万円近くの借金があったということになります。

 

早い段階で弁護士に相談をしておけばよかったのですが、自分でなんとかしようとしているうちにカード会社から一括請求がきてしまいました。どうしようもなくなった私は、弁護士に相談をして任意整理をしました。利息と遅延損害金がゼロになったので、負担を大きく減らすことができました。

 

こんなことになるならもっと借金が少ないうちに任意整理をしておけばよかったと思いました。そうしたほうが結果的にはカード会社にかける迷惑も少なかったはずです。もしもみなさんが同じような問題で困っていたら、早い段階で弁護士などに相談をすることをおすすめします。

借金をして債務整理をした体験

私は、20代の半ばのときに仕事のストレスから株やパチンコや競馬などのギャンブルにすっかりはまってしまいました。それで、止めなければと思いながらも止められず、ギャンブルの資金を作るためにキャッシングでローンを組んだのです。その結果、気づいた時には年収をも超えるくらいに巨額の借金を抱えていました。

 

月々の電気代や水道代などが払えなくなり、食費なども切り詰める生活を送ることになりました。このままではどうにもならないと悟り、借金を解決する方法はないかネットで調べたところ、弁護士に相談すればいいという事が分かりました。

 

恐る恐る弁護士事務所に相談した所、応対してくれた弁護士さんから提案されたのが債務整理という方法です。これは、弁護士が私の代わりに債権者と交渉を行い、利息をカットして無理なく払っていける金額で返済計画を立てるというものです。法律の事はよく分かりませんでしたが、これで解決するのならと私は弁護士さんに言われるまま債務整理を依頼しました。

 

おかげで、弁護士の債権者との交渉の結果、自身の借金がかなり減額されました。月々にコツコツと返せる金額を設定してくださり、本当に感謝しています。おかげで、日々を平穏に暮らせるようになり嬉しいです。